スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、福島へ

2014-07-25

身内の不幸の話なので、苦手な方は
スルーしてください☺︎




義理の祖母の通夜・告別式に参列する為に、福島へトンボ帰りして来ました。

前回の旅行は祖母のお見舞いも兼ねて
だったのですが、見舞ったその日の夜に
亡くなった、と帰宅した仙台の自宅で電話を受けて、すぐに福島へ戻りました(・・;)

緊張しました~
90歳で老衰ということで、
式自体はしんみりというよりは
賑やかな感じだったんですが
完全アウェーな場&バスでの長距離移動
ありで…

最後の最後にバスの中で
久々の大きめの予期不安がきました(・・;)

けんちゃんさんの掲示板で拝見した
「不安くんにあいさつをする」方法を
焦りながらもやり、ピークは2~3分で
過ぎ去りました!
その後も地味~に襲ってきましたが
耐え切りました(~_~;)

無意識に起こる症状を
意識的にコントロールするのは
やはり難しい。
でも、少しずつ出来るようになってきてると、手応えを感じます(^^)
やはり、経験を積むことでしか
コントロールのコツは掴めないのだと
思いました。
症状が出るのは辛いです、怖いです。
でも、「これなら、やれるな」
と確信が固まりつつあります。
だから、「行動あるのみ‼︎」

PDになって、
少し強くなったかな~と思います。
それこそ、発症当初は
「こんな事も出来ないなんて、
こんな病気になるなんて、
私はなんて弱い人間なんだ。」
と、思ってましたが(^^;;

今は、PDになるべくしてなったのだなと感じています。
私の分厚い殻を破る為には
このくらいの荒療治が必要だったのだー
と(笑)
この前向きな切り替えの仕方、
1年前までの自分にはありませんでした。
人はいつからでも、成長できるんだな~
と感じています(^^)


今日は最後に、元気印を



朝は雨降りだったけど、
葬儀が終わって外に出たら
とてもいい天気。
近くの畑にこんなにきれいなひまわり。

おばあちゃん、これからは
あの空からうちらの事を見ていて下さい。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。