FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニックと私 5

2013-10-02

今日はあいにくの雨で、引きこもり気味です。
なのでサクサク続きを書きたいと思います。

具体的な症状も書いていますので、苦手な方はスルーしちゃって下さい´◡`


夫の実家に向かう前に、途中の旅館で1泊することになっていました。そこでパニックになったり取り乱したりする事はなかったのですが、常に少しの不安が付きまとっていました。その中で1番不安が大きくなったのが、食事です。お腹が減っているのに、常に不安と緊張があるせいで、食事が喉を通らないのです。しかし飲み物だけは飲むことができました。そこでお酒を飲んでいるうちに、不安や緊張がなくなっていったんです。それで食事も少し食べることができました。その日は、そのままお酒の力を借りて眠ることができました。

次の日、まだ少し不安はありましたが、無事に夫の実家に到着することができました。そこでも1番辛かったのはやはり食事の時です。義母がせっかく用意してくれた食事を前に食べることが出来ないのです。「食べなくては失礼だ!」と、思えば思うほど、緊張が高まってしまい、喉を通らなくなってしまいます。義母を見ると心配そうな顔。私は無理やり笑顔を作り、無理矢理食べ物を口に押し込み飲み込みました。全く味がしませんでした。
夫の実家にいる間、味のしない食事をし続けました。

誤解の無いようにいいますが、私は夫の両親が好きです。夫の実家に行く時は多少緊張もしますが、いつも良くしてくれるので、楽しみにしていました。義母はリウマチを患っていますが、私たちのために美味しい料理を作ってくれます。
何よりも私は、旅行が大好きでした。旅行先で食べる食事が何よりも楽しみでした。それを奪われてしまった。それがとてもとてもショックでした。そのまま絶望的な気持ちだけを残し、自宅へと戻ってきました。


暗い話ばかりですいません💧
でも、当時の事を冷静に振り返る事ができる今の自分に、少し安心しています。当時はそんな余裕は全くありませんでしたから´д` ;



スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。