スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から3年

2014-03-11

あの日は、妹と2人
仙台市街で被災しました。
仙台で就職の決まった妹の
アパートを決める為、2人で不動産屋に
向う途中でした。

体験した事のない
大きな地震。
自然の力の巨大さと
自分は生きた惑星の上で
生きているんだ、という事を
思い知らされました。

それと同時に、
灯りが点いたり、水道が使えたり
携帯が繋がったりする
当たり前の生活の尊さを
知りました。
生きている事の有り難さを知りました。

あの日から3年が経ち、私の周りは
当たり前の快適な生活に戻っています。
正直、恐怖感もほとんど忘れてしまいました。
それでも、3/11は忘れられません。
虫のいい話ですが、この日だけでも
日々の生活の尊さを再確認すると
思います。
こうして生きている事に
当たり前の事なんて
何一つない、そう思います。

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。