スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋

2014-01-08

タイトルの映画を見ました。

少しですがネタバレになってますので
ご了承の上でお読み下さいm(__)m

S.スピルバーグ監督のSFなしのヒューマンドラマという事で、何とな~く
見たのですが、良い映画でした。


年老いた父親と離れて暮らしていた息子を軸に家族とのつながりを描いた映画でした。

実家で父と一緒に見てたのもあってか
(父は途中で寝てましたが
とても切なくなりました。

自分が歳をとれば、その分だけ
親も歳をとり老いていくんだ、
という当たり前過ぎて気にもとめてなかった事を、気付かされました。

劇中、父親が死に怯える妻に
「死は罪じゃない。皆、いつかは死ぬんだ。
生きない事が罪なんだよ。」
と言います。その言葉が印象的でした。

人は亡くなっても、その人が築いてきた繋がりは残る。その人が生きた証として。そして、それがまた広がっていく。

切ないけれど、前向きな気持ちになれました。そして、家族との向き合い方を改めて考える事の出来た映画でした
スポンサーサイト

世界にひとつのプレイブック

2013-12-02

一週間ってあっと言う間だな~しみじみ。


減薬、順調です(^^)

休日の人混みでも

窓のないデパートでも

苦手だった外食でも

モウマンタイ



それで、本題は
タイトルになってる映画をみました

躁鬱になって
精神病院に入院していた主人公が
自分を取り戻していく物語。

こう書くと暗い話に聞こえますね

確かに明るいテーマではないけれど
どこか、コミカルに描かれていて
見やすかったです(^^)

最初と最後に
主人公のプロローグとモノローグ
があるのですが、
それが、今の自分とぴったり
はまりました。
特にモノローグ

感動ももちろんあったんですが
それよりも納得!
て思える映画でした´◡`
良い映画でした。

発症すぐは
見るの無理だっただろうな~(´0`)
でも、今は楽しめる!
それで、いいや(^^)


最後に
今日のにゃんこを



ウォーキングコースを
変えてみたら出会えました~
黒いからクロと勝手に呼んでます(^^)

それにしても、
警戒されてるな~笑
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。